Python

iPad(iOS)でPythonするよ(Pythonista3)

こんにちは,しまさん(@nitkcdadon)です.

先日新しいiPad Proを購入しました.

新型iPad Pro(11インチ)を冷蔵庫に貼ったり周辺アクセサリを買った話新型iPad Pro(11インチ)(2018)を冷蔵庫に貼ったり周辺アクセサリを買ったことについて書いています.Smart Keyboard Folio(USキーボード)も購入したのでその開封もしています....

そこでiPadを使ってプログラミングしたい!(主にPythonとかPythonとか).

そこで見つけたアプリ「Pythonista3」の紹介をします.

今回はインストールとpipが使えるbashのようなシェル「Stash」のインストールを行います.

iPad Pro(iPhone)でとりあえず入れておけば生きていけるオススメアプリ56個 [iOS]iPad Pro(iPhone)でとりあえず入れておけば生きていけるオススメアプリ56個を紹介しています.アイパッド,アイフォン,iosが対象です.ファイル管理からプログラミング,ソースコード管理,リモートデスクトップ,SSH,無音で撮れるカメラ,その他様々なアプリを紹介しています....

環境

iPad Pro 11inch (2018)

iOS 12.1

スポンサーリンク

Pythonista3とは

Pythonista3はiOSでPythonを動作させることができるIDEといえます.

コード補完やスニペット等の機能もあり,Python2系,3系を動かすことができます.

また,後述する「Stash」を使用すればpipで外部ライブラリをインストールすることができます.

ただ,機械学習系のライブラリがインストールできないですね(というよりc依存のライブラリが無理そう).

pygame等を用いた簡単なゲームなんかは動かすことができます.

私の使用しているMacbook Proよりもスペック高いので処理についてはあまり心配していません.

スポンサーリンク

Stashをインストール

では,Pythonista3をさらに便利にするためのシェル「Stash」をインストールしましょう.

メインの画面を右にスライドさせるとコンソールに移動します.

その中で以下のコマンドを実行しましょう.

import requests as r; exec(r.get('http://bit.ly/get-stash').text)

そうすると以下の画面が出てくるはずです.

成功したらPythonista3を起動し直してください.

そうすると自分の「iPad」内にlanch_stash.pyが追加されていると思います.

追加されているそのファイルを選択して,実行しましょう.

おお〜〜,無事「Stash」が起動しましたね.

使えるコマンドはhelpと打ったら出てきます.

このスクリーンショットには収まらないくらいのコマンドは使用可能です.

StashをiPadのホームから使えるようにする

先程Stashが使えるようになりましたが,毎回StashのPythonファイルまで行って実行するのは面倒ですよね.

なのでiPadのホーム画面から起動できるようにします.

まずはlanch_stash.pyに移動して右上にある工具マークを押して「Add to Home Screen」を選んでください.

好きなタイトルやアイコンの設定をして「Continue」を押してください.

そうするとブラウザが開かれます.

指示どうりにホーム画面に追加しましょう.

そうすると… おお〜〜〜〜ちゃんとホーム画面に追加されていますね.

スポンサーリンク

さいごに

今回はiOSでのPythonプログラミングで必要不可欠なPythonista3の紹介でした.

PCで使うPythonには及びませんがある程度のプログラミングはできそうです.

今後もっと発展して機械学習をiPadだけでできたら楽しいだろうなと思います.

[入門]Python初心者が圧倒的成長するために使うサービス,本Python初心者向けの本,Webサービスについて網羅的に紹介をしています.Pythonの勉強で私が実際に使用した本です.入門書をさらに細分化し,学ぶならどのレベルがいいのかわかりやすくしています....
[入門]機械学習・ディープラーニング・AIを学習する本 [Python]Python初心者向けの本について網羅的に紹介をしています.機械学習・AI・ディープラーニングのために必要な本を紹介しています.入門書から入門書に近いものを紹介しています....

p.s.

ゼロから作るDeep Learningシリーズならライブラリをmatplotlibとnumpyのみしか使わないので学習可能です.

あぁ,iPad(iOS)にVSCodeみたいなエディタあったらいいのに.

最近,iPad , iPhone(iOS)内にローカルでjupyter notebookを立ち上げて利用できるCarnetsというものが出ています.

興味有る方はチェックしてみてください.

追記:使用できるコマンド一覧


      alias: List or define shell aliases.
        cat: Print the contents of the given files.
         cd: Change the current working directory.
      clear: Clear the stash console output window
     cowsay: 
         cp: Copy a file or directory. Multiple source files may be specified if the destination is
      crypt: File encryption for stash
       curl: Transfer a URL
        cut: Print selected parts of lines from each FILE to standard output.
dropbox_setup: manage your dropbox configuration.
         du: Summarize disk usage of the set of FILEs, recursively for directories.
easy_config: a graphical config manager for StaSh
       echo: Print all arguments to stdout, separated by spaces.
       edit: Used to create/open and edit files.
       exit: Exit the current subshell, optionally with a specific status. If no
         fg: Bring a background job to foreground.
       find: Find files in specified paths
  ftpserver: Simple FTP Server
        gci: Interface to pythons built-in garbage collector
         gh: Usage: gh  [...]
        git: Distributed version control system
       grep: Search a regular expression pattern in one or more files
       head: Print the first 10 lines of the given files.
 httpserver: Simple HTTP Server With Upload (https://gist.github.com/UniIsland/3346170)
       jobs: List all jobs that are currently running.
     kaggle: Kaggle API
       kill: Terminate a running job.
      latte: 
         ls: List information about files (the current directory by default)
       mail: Send messages/files from stash.
        man: Display help for a command in $STASH_ROOT/bin/ or a topic, or list all commands if no name is given.
         mc: easily work with multiple filesystems (e.g. local and FTP) synchronously
     md5sum: Get md5 hash of a file or string.
      mkdir: Create a new directory. The parent directory must already exist,
 monkeylord: easiliy manage monkey-patches. See 'man monkeypatching' for more help.
       more: Display output one screen page at a time (optionally with numbered lines)
      mount: mount a filesystem.
         mv: Move (rename) a file or directory to a new name, or into a new
     openin: Open file in an external app.
     pbcopy: Copy one or more files to the system clipboard
    pbpaste: Writes the contents of the system clipboard to a file.
       ping: Usage: 
        pip: Install and manage python packages
   printenv: List current environment variables and values.
   printhex: Print the given files' content and hexadecimal byte values.
ptinstaller: Installer program to help install tools registered on the Pythonista Tools GitHub repo.
        pwd: Print the current working directory.
     python: Simulates a console call to python [-m module][-c cmd] [file] [args]
    python3: Simulates a console call to python3 [-m module][-c cmd] [file] [args]
  quicklook: Open file in Quick Look.
         rm: Remove (delete) files and directories.
      rmdir: Remove empty directory
        scp: Secure Copy - Copy files between local and remote
 selfupdate: Selfupdate StaSh from the GitHub repo.
    sha1sum: Get sha1 hash of a file or string.
  sha256sum: Get sha256 hash of a file or string.
    slugify: A Python Slugify application that handles Unicode
       sort: Sort standard input or given files to standard output
     source: Read and execute commands from a shell script in the current environment.
     sqlite: sqlite3 shell modeled after sqlite3 command-line.
        ssh: OpenSSH client for stash.
 ssh-keygen: Generates RSA/DSA SSH Keys.
  stashconf: List and set StaSh configuration options 
       tail: Print the last 10 lines of the given files.
        tar: Create and extract tar, gzip, bz2 archives.
     telnet: Simple telent client.
       totd: Tip of the day
      touch: Update the modification times of the given files, and create them if
       tqdm: ???
     umount: unmount a filesystem.
       uniq: Print standard input or files, omitting repeated lines
      unzip: Extract a zip archive into a directory.
    version: Show information about this StaSh installation.
         wc: Print newline, word, and byte counts for each FILE, and a total line if
  webviewer: Opens the given URL in the webbrowser or an App.
       wget: Download a file from a url.
     whatis: 
      which: Locate a command script in BIN_PATH. No output if command is not found.
        wol: usage: wol.py [-h] [-i ip] [-p port] mac addresses [mac addresses ...]
      xargs: Construct argument list(s) and execute utility
        zip: Package and compress (archive) files and directories 
iPad Pro(iPhone)でとりあえず入れておけば生きていけるオススメアプリ56個 [iOS]iPad Pro(iPhone)でとりあえず入れておけば生きていけるオススメアプリ56個を紹介しています.アイパッド,アイフォン,iosが対象です.ファイル管理からプログラミング,ソースコード管理,リモートデスクトップ,SSH,無音で撮れるカメラ,その他様々なアプリを紹介しています....
iPad(ブラウザ)でVSCodeを使う[coder.comの使い方]CODERとはVSCodeライク(というかそのまま)なクラウドIDEサービスのひとつです.iOS(iPad)やMac,Windowsなどのブラウザから使用することができます.使い方(拡張機能のインストール)やTerminalしかでてこないときの対処法についても紹介しています.最低限Pythonを動作させる環境を構築していきます....
ABOUT ME
しまさん
てくてくぷれいす運営者のしまさんです. 高専→大学編入してから行動的な大学生  自身の変化を求めてブログを始める グレープフルーツと本が大好物 IT系のことやブログ,高専や編入,大学生活に関することを発信中!!詳しいプロフィールはこちら≫ 投げ銭はコチラへ 質問はコチラ