LaTeX

Overleafで日本語使うことで脱ローカルTeX環境

こんにちは,しまさん(@nitkcdadon)です.

今までLaTeXの執筆をするときはWindowsにしろMacにしろローカルに環境を作成して,VSCodeで書き書きしてました.

0から始めるLaTeXの世界ここでは0からLaTeX/TeXの学習を進めるページになっています.環境はMac+VSCodeを想定していますが内容はWindows,linuxでも通用しますので是非参考にしていただければと思います.適宜更新していきます....
Mac OS X(Mojave)にLaTeX環境を構築する[VSCode版]MacにTeX/LaTeX環境を構築する方法を紹介しています.Visual Studio Code(VSCode)でコンパイル,PDFのプレビューができるようになります.従来の設定でエラーが出る方はこちらを参照していただければと思います.VSCodeのインストール,MacTeXのインストールからはじめているので初心者のかたにもおすすめです....

1,2年前にローカルに環境毎回インストールして依存関係などをケアしながら・・・みたいなので面倒で調べたときにクラウドLaTeX執筆環境であるOverleafが出てたんですけど,ぱっと触って「日本語できないか」って決めつけて触らずにいました.

そうこうして生きてたら,最近共同で論文を執筆する機会があってOverleafを使うことになったんですが,普通に良かったので共有します.

Overleafとは

Overleafはざっくりいうと,クラウドLaTeX環境/エディターです.

様々なテンプレートが用意されていて,英語で書くなら大体欲しいフォーマットはある,日本語テンプレートも公開してくださっている方が増えてきていて使いやすくなっている環境です.

共同編集や共有も楽ですし,バージョン管理機能もある,Git(GitHub),Dropboxなど外部との連携もプランによっては可能で何より研究関連のドキュメントをOverleafに持っていくだけで管理を丸投げできるのでいいですね.

Overleaf内でタグ/フォルダが作成できたり,プロジェクトのコピーができたり,自分のプロジェクトとシェアされたプロジェクトを分けて見たりと必要な機能が用意されています.

スポンサーリンク

日本語を使用する

様々なLaTeXエンジンに対応した内容がOverleafからちゃんと出ています(最高).

私は普段pTeX engineを使っているのですが,その場合はプロジェクトを作成したらlatexmkrcという名前のファイルを作成し,以下の内容で保存します.

※ 最初の行のlatex = ‘platex’の前に$をつけてください.

latex = 'platex';
$bibtex = 'pbibtex';
$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$makeindex = 'mendex %O -o %D %S';

そうしたら次に,左上にあるメニューからコンパイラをLaTeXに変更します.

これでTeXファイルをCtrl(cmd)+Sで保存すれば日本語を無事コンパイルすることができます.

メニューでキーバインドをVim,Emacsに変えたり,フォントを変えたり,テーマを変えることもできるのでついでに自分好みの環境に変えちゃいましょう.

スポンサーリンク

楽に使用する

まぁでも毎回日本語の環境設定するの面倒です.

なので自身が使用されているstyファイルや先ほどのlatexmkrc,sampleのtexファイルをまとめてzipにしておくといいかもしれません.

Overleafのプロジェクト作成時にzipを選択することができるのでそれをアップロードし,新しいプロジェクトを作成するときにはそのアップロードしたプロジェクトをOverleaf側でプロジェクトごとコピーすればいいだけです.

※ latexmkrcファイルはフォルダの一番外に置いてください.私はそれで少し詰まりました.

自身の研究室や職場で使用されているstyなどがあるのであればまとめてzipにしたものを作成し,共有すると皆さん喜ばれると思います.

目指せ楽環境!

ABOUT ME
しまさん
てくてくぷれいす運営者のしまさんです. 高専→大学編入してから行動的な大学生  自身の変化を求めてブログを始める グレープフルーツと本が大好物 IT系のことやブログ,高専や編入,大学生活に関することを発信中!!詳しいプロフィールはこちら≫ 投げ銭はコチラへ YouTubeはコチラへ 質問はコチラ