IT

[便利アプリ]Macでウィンドウ単位の切り替えをする「HyperSwitch」

こんにちは,しまさん(@nitkcdadon)です.

 

Macを使っている人はアプリの切り替えで「command + tab」を使っている人が多いと思いますが,起動しているアプリ全ての切り替えを行うのでウィンドウを出していないものも選択肢に出てきます.

 

そこで今回はウィンドウ単位で切り替えを行うことができるアプリ「HyperSwitch」を紹介します.

 

HyperSwitchのインストール

 

まずはHyperSwitchのサイトへ向かいます.

下にスクロールすると「Download Beta」があるのでクリックしてダウンロードしましょう.

 

dmgファイルを開いたら,アプリをApplicationにドラッグアンドドロップしてください.

 

起動したら,

「Run HyperSwitch in the background」 にチェックをつけましょう!!

これにチェックをすることで次回以降ログイン時に起動するようになります.

 

HyperSwitchの使い方

 

基本的な使い方は「all windows」に書いてあるキーを押すことで使用します.

 

私の場合は,「Option+Tab」でHyperSwitchを使います.

 

・all windowsは全てのウィンドウを切り替えることができます.

・current app’s windowsは今見ているアプリのウィンドウ切り替えができます.
(例えばブラウザを複数ウィンドウ出している場合,それらだけを切り替えできます)

 

これらのキーは自分で設定することができるので,好きなキーを割り当ててください.

 

App Switcherのページでは実行するときにどのくらい遅延をかけるかなどを設定できますが,ここの部分はあまり触らなくてもよいかと思います.

 

Appearanceでは見え方を変えることができます.

・System Default

・Classic

・Vibrant Light

・Vibrant Dark

 

Thumbnail sizeは切り替え画面で見れるアプリの画面の大きさを変更することができます.

 

QualityはHighとLowがあり,実行が遅いと感じたらLowを選択しておくといいでしょう.

 

Showの部分はアプリアイコンを表示するか,するならばlargeかsmallかを選ぶことができます.

 

Hide animationはアプリを切り替える際にHyperSwitchがどのように消えるかアニメーションを選べます(Fade outかNone).

 

Show HyperSwitchはこのアプリ自体を表示するか選択できます.

・the Dock

・the menubar

 

さいごに

今回はウィンドウ単位で切り替えをすることできるアプリである「HyperSwitch」を紹介しました.

 

便利なアプリがもっと広まるといいなと思います.

 

ABOUT ME
しまさん
てくてくぷれいす運営者のしまさんです. 高専→大学編入してから行動的な学生ブロガー? / 自身の変化を求めてブログを6月から開始 / グレープフルーツと本が好き / Distributed SNSやSecurity,プログラミングやVR等のIT系や自身の編入体験談や高専のこと,大学生活を書いてます(たまに小ネタ) / Progateで勉強中