IT

Portainerを使ってMastodon+DockerのコンテナをGUIで管理する

こんにちは,しまさん(@nitkcdadon)です. 以前Docker+MacでMastodonインスタンスをローカルで構築するという記事を書きました. 私はまだまだDockerの勉強が足りないのでコマンドで操作するのが少しこわいです笑. 今回はそんなDockerのコンテナ管理をGUIで行うことができる「Portainer」を使ってMastodonのコンテナを管理してみたいと思います.

前提

・DockerでMastodonインスタンスを構築しているもしくはDockerを使って何かしらのコンテナを立てていること ・Dockerを起動していること

Portainerとは

PortainerとはDockerのコンテナ管理をGUIで行うことができるツールです.コンテナが少ないときは管理はまだいいのですが,T-potのように多くのコンテナを運用している場合だと管理が大変です.そこでこのPortainerを用いれば管理を楽にすることができます.軽いので導入も容易です. Windows,Mac,Linuxで使えます.

Portainerのインストール

まずはportainer.ioに行き,「GET IT NOW」を押してください.
コマンドが出てきますので,これを打ちます.2行でいいのかという感じです.簡単ですね.他の方法もあります.
docker volume create portainer_data
docker run -d -p 9000:9000 -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock -v portainer_data:/data portainer/portainer
すぐにインストールが終わります.終わったらブラウザを立ち上げましょう. <http://Dockerのhost:9000>でアクセスできます.私の場合はMastdonをlocalhostとしているので,<http://localhost:9000>です.
アクセスするとユーザー名とパスワードを設定するよう促されているので設定をします. 設定をしたら今回のMastodonはローカルにあるので,「Local」タブを選択して「Connect」を押してください.
おお〜〜〜〜〜.可視化されています.
例えば「Containers」を選択するとこんな感じになっています.GUIで簡単な操作はできます.わかりやすい. 各コンテナをクリックすると詳細が見れますし,「Quick actions」のStatsを見ればCPU使用量などのデータを見ることができます.
様々なApplicationのテンプレートが用意されているようです.

さいごに

今回はPortainerを使ってMastodonのコンテナ群を可視化してみました. これは他のコンテナ群を管理するのにも役立ちますね. もっとDockerの勉強しなきゃです.
ABOUT ME
しまさん
てくてくぷれいす運営者のしまさんです. 高専→大学編入してから行動的な学生ブロガー? / 自身の変化を求めてブログを6月から開始 / グレープフルーツと本が好き / Distributed SNSやSecurity,プログラミングやVR等のIT系や自身の編入体験談や高専のこと,大学生活を書いてます(たまに小ネタ) / Progateで勉強中