試行・思考

[疑問]異世界転生/転移ものでよく出る「中世ヨーロッパ」について

お久しぶりです.しまさんです.

今回は定期試験も山場をこえたので,リハビリがてら少し試験期間中に考えていたことを綴っていきたいなと思います.

 

私は試験勉強などの休憩時間には目を休めたりせずに小説を読むんですが(そのせいで休憩時間がさらに伸びることもしばしばなんですが…),たまにWeb小説なんかも読んだりします.

 

そこで今までもうっすらとは思ってたんですが,今回顕在化したのでここに思考を垂れ流したいと思います.

 

異世界もので世界観説明するとき「中世ヨーロッパ」多くないですか???

 

例えば,

A作品:「文明レベルは中世ヨーロッパで…」

B作品:「中世ヨーロッパといったらわかりやすいだろう…」

C作品:「いまから向かう所は中世ヨーロッパのような…」

みたいな感じです.

 

 

いや,わかりますよ.「テンプレでわかりやすい」のはわかります.

 

それに「人物」を主体にしている作品であれば人物の動きに注力したいし,読者(私)も動きのある疾走感のある文章を望んでいるので世界観や文化を「中世ヨーロッパ」で表現すれば,
作者は読者に「中世ヨーロッパ」の世界観を記述せず各々の認識で話を進めることができます.

 

そういう意味においては文章を割かずに各々の認識で世界観や文化を表現できる
「中世ヨーロッパ」というワードは凄いです.

 

ただ,「中世ヨーロッパ」だけで説明が終わってる作品だと,作者さんと我々読者の間に認識の溝ができてしまうのではないかと思うんですよ.

 

特に現代に縛られ得ない「異世界もの」なんかは作者さんの色が強くでると思うので,
深く世界観や文化,習慣について述べられてないと「ん??」ってなっちゃう可能性があるのではと考えてしまいます.

 

そもそも「中世ヨーロッパ」っていわれて我々は簡単に納得してるんですけど(私だけかもしれませんが),結局具体的な認識のすり合わせをしたことがないので「ふわっ」ってしている気がします.まあ「中世ヨーロッパのような」みたいな感じでぼやかされている場合が多いので厳密に議論する部分ではないのかなって感じですが.

 

私は「PSYCHO−PASS」という作品が好きなんですが,私の場合,キャラというよりは世界観が好きだったりします.

 

なのでこういう「異世界もの」も世界観や文化をきっちり書いてくれる作品が増えるとより読者が作品を好きになる要因の一つになりえるのかなって思います(もちろんあえて説明せずにキャラの言動から推測させるタイプは別ですが).

特に数百話と更新している場合は特に.

提案&読みたい作品

 

そこで私は,異世界の「言語」に着目して話題になった作品を知って「文化」を主体にした作品があったらいいなって思いました.

 

・異世界に行く主人公は地球の文化に埋没していて,異世界の住人と接しているうちに細かなすれ違いが起きていって…

 

・異世界に行く主人公は地球の文化に埋没していて,異世界の住人と触れ合ううちに既存の地球の文化に疑問を呈し,現代の文化に対して疑問を投げかける.

 

みたいな作品があったらいいなって思います.

 

私は無知なので先程のような作品を知らないだけかもしれません.

 

なのでもし先程のような作品があった場合,是非教えてください!!!

 

ぜひ読みたいです!!!

 

p.s.

もし時間があったら なろうのAPIを叩いて,異世界転生もののなかで「中世ヨーロッパ」がでてくる頻度を調べてみたいなって思います.

ABOUT ME
しまさん
てくてくぷれいす運営者のしまさんです. 高専→大学編入してから行動的な学生ブロガー? / 自身の変化を求めてブログを6月から開始 / グレープフルーツと本が好き / Distributed SNSやSecurity,プログラミングやVR等のIT系や自身の編入体験談や高専のこと,大学生活を書いてます(たまに小ネタ) / Progateで勉強中